屋根裏のコウモリ君たちは出て行ってくれるか(結果編)


そろそろ、コウモリ君たちが夕暮れ時の空を飛び交う季節になって参りました。

さて前回の記事で、我が家のコウモリ君たちに出て行ってもらうため、彼らがいやがるニオイを発するグッズを屋根裏に仕掛けた。

で、その結果は・・・

コウモリ君たちは居なくなった。
というより、正しくはもうずいぶん前に退去されていた様子なのだ。

予想だが、昨年の脅威的な夏場の暑さに耐えかねて出て行ったのではないかと。

実は家庭の事情で、2階には住人が居なくなり、冷房を使うことも、窓を開けることもなくなった。
そのため、おそらく屋根裏あたりは日射を受けてかなりの高温になっていたと推測される。

彼らも体温のある哺乳類。こんな劣悪な環境で「もうやってらんねー!!」と出て行ってしまったのだろう。

では、コウモリ君たちが住んでいた状況をお話ししよう。

これがコウモリ君たちの玄関口。2階にある屋根裏への通風孔なのだが、長年の雨風日差しにさらされてボロボロになっている。

彼らは数センチのすきまでも出入りできるので、こんなところの出入りは朝飯前(いや彼らは夕飯前か)

わしは意を決して、屋根裏に潜り込んでみた。

ヘルメット、マスク、手袋をしての完全防護スタイル。

そして、棲み処となっていると思われる断熱材(グラスウール)を恐る恐るめくってみた。

しかし、彼らの姿はなかった。ただ、残されていたのは彼らの大量の「糞」のみ。
(ちょっとエグイのでモザかけてます。)

もう来てほしくないので、このようなスプレーを購入した。
 

created by Rinker
イカリ消毒
¥920 (2024/07/22 03:34:38時点 Amazon調べ-詳細)

噴霧するとすごいハッカのニオイ。2階は香しいニオイが充満した。(私的には決してキライなにおいでない)一本使い切った。

こんなものも購入しておいたが、結局使わなかった。

狭い場所で苦労したが、彼らが残した固形物(糞)を古い掃除機でほぼ吸い取った。

あとは業者さんに、通風孔を直してもらう予定だ。

コウモリ君には出会えず、黄金バットさんの居所も教えてもらうことはできなかったが、とりあえずホッとした。

教訓として、熱攻撃によって彼らを追い出しできるのではと思う。

火災には十分注意しなければいけないが、暖かく(暑く)なったらファンヒータ等を屋根裏に仕込んで高温にしてみるとかだ。

決してコウモリ君たちに罪があるわけではありません。次なる移住地が安泰であることを祈ります。