ユニクロペイ(UNIQLO PAY)がSMS認証できない

3日悩んだ問題がやっと解決した。

それは、スマートホンのユニクロアプリでPAY機能(ユニクロペイ)を使うため、SMS認証しようとするとエラーになってしまう事象だ。

不思議なことに、ネットを検索しても、そのような問題を指摘しているところが全く無い。
(もちろん、ユニクロのサイトのFAQを見ても該当するものはなかった。)

結局、スマホのブラウザの問題だったのだが、この世で自分一人が悩んでいたのかもしれない(笑)

しかし、ひょっとして、同じ問題で困っている人が居るかもしれないので記事にしてみた。

ユニクロペイって?

ユニクロペイは、2021年9月3日から始まったユニクロアプリのキャッシュレス決済ツール。

QRコードを使って、あらかじめ登録した銀行やクレジットカードから支払いができる。

ご存じだと思うが、ユニクロやGUは「客が勝手に会計をやれ」のスタイルをとっている。

ユニクロペイ機能を有効にしておけば、現金やクレジットカードを財布からもたもた取り出すこともなく、スマホひとつで簡単に支払いができてしまう。

混んでいるときなどは、とてもありがたい。

「客が勝手に会計をやれ」は、今の時代の人件費削減のトレンドなんだろうが、食料品スーパーでもこういったセルフ会計方式のところが増えてきた。

最初はおっかなびっくりだが、慣れてくると、このような支払いは、まことに簡単に終わるので便利この上ない。

そもそも何で、ユニクロペイなんて使おうと思ったのは、ヒートテックのシャツが欲しかったから。
ただそれだけ。

SMS認証をおこなおうとするとエラー

ユニクロアプリから、ユニクロペイを使うための流れは以下だ。

ユニクロアプリを起動し、会員証の画面から「登録する」をタップする。

画面を進めて行って、「はじめる」をタップ。

次に、SMS認証で、認証コードを送るため、自分のスマホの電話番号を入力、そして「SMSを送信する」をタップする。

ロボットではないことのチェックが始まる。

問題はこのあとに発生する。

通常なら、+メッセージなどSMSアプリに認証コードが届くはずが、以下の画面になって認証コードが届かないのだ。

”Unable to process request due to missing initial state.
This may happen if browser sessionStorage is inaccessible or accidentally cleared.”

「初期状態がないので、リクエストを処理できない。 これはブラウザのsessionStorageにアクセスできないか、誤ってクリアされた場合に発生する可能性がある。」

う~ん、意味がわからん・・・

ちなみに正常な場合は、SMSに認証番号が届き、認証番号入力の画面が表示される。

認証番号を入力し、画面を進めて行き、銀行口座かクレジットカードを登録すれば、晴れてユニクロペイが使えるようになる。(下記画像)

原因はブラウザ

何度やっても同じ。スマホを再起動しても同じ。ユニクロアプリを再インストールしても同じ。

ちなみにわしのスマホは、Androidのバージョン10。
auのpovo 2.0を使用。SMSは「+メッセージ」を使用している。

ユニクロアプリは7.14.1(10/29時点で最新バージョン)。

SMSで特に受信制限をかけてるわけでもなく標準の設定だ。

ちなみにSMSはインターネット回線を使うのではなく、電話回線を使用して、メッセージをやり取りするシステム。

住んでるところの電波状況が悪い(不安定でたまに切れる)ため、当初はこれが原因かと思ったがそうではなかった。

う~ん、悩む。最近、何か悪いことをしたか?

いやなことに、1日5回認証に失敗すると、ロックがかかってしまい、次の日にならないと解除されないのだ。

ユニクロのチャットボットに問い合わせてみるが、思うような答えは得られなかった。
(オペレータには問い合わせしていない。)

多分、無理とは思ったものの、ユニクロ店舗の(詳しそうな)店員に聞いてみるが、やはり「?」であった。

半分あきらめかけた数日後、どうもブラウザが原因っぽいのに気づく。
(よく読めば、ブラウザうんぬんと書いてあるではないか。)

このスマホで使用しているブラウザはFireFox。Chromeは無効化してある。

試しに、FireFoxをアンインストールしてみた。

すると動きが違う。相変わらずSMSに認証コードは届かないもののエラーにはならず、ユニクロアプリに戻ってしまう事象になった。

FireFoxをインストールすると、やはり同じエラーになる。

待てよ、Androidの標準ブラウザは「Chrome」だったな・・・と思い出す。

そこで、無効化されていたChromeを有効にしてやった。

すると・・・あっさり認証コードが届いた。

何なんだ?あまりにあっけないので、逆に驚いてしまった。

詳しいことはわからないが、ブラウザでリダイレクトされて認証コードを送るような仕掛けになっているのではないか。
(しかし、FireFox、Chromeも同じメールアドレスでログインしてるのだけどね・・・)

結果としては、単純に「Chrome」を有効化するだけで、認証コードが発行できたのだと思う。

おわりに

とても対処療法的な方法だったが、これで解決することができた。

もし、同様の症状で困っている人がいるなら、一度試してみてほしい。

これでヒートテックシャツもスマホひとつで買えるようになった。

ちなみに、今、ユニクロペイを登録すると500円のクーポンがもらえる。

ただし、5000円以上の買い物でしか使えないが。

ウルトラライトダウンでも買うか・・・遠い目。

コメント

  1. 匿名 より:

    同じトラブルが発生しており、悩んでいました。
    ユニクロアプリにブラウザが影響するとは思いませんでした。
    ありがとうございました。大変助かりました。

    • metaba より:

      コメント頂きありがとうございます。

      お役に立てて何よりです。
      しかし、まさか自分以外にもいらっしゃるとは。

      ネットで検索しても同様の事例が無く、記事にするのをためらっておりましたが、投稿した甲斐がありました。

      もしユニクロが知らないのならば教えてあげたほうがいいかもしれませんね(笑)