キャンピンガス(CAMPINGAZ)カートリッジを復活させる


先日、キャンプに行ったとき、ついにキャンピンガス(CAMPINGAZ)カートリッジのガスが底をついてしまった。
キャンピンガス(CAMPINGAZ)カートリッジはもう市場から姿を消してしまっている。
そこで、市販カセットガスからキャンピンガス(CAMPINGAZ)カートリッジへのガス充てんを行ってみた

キャンピンガス(CAMPINGAZ)とは

「キャンピンガス」というのは、きれいな青色のカートリッジのヤツである。生まれはフランスなんだそうだ。
呼称は「キャンピングガス」なのか「キャンピンガス」なのかよくわからないが、綴り「CAMPINGAZ」からは「キャンピンガス」が正しいような気がする。

こういった形状のものを「OD缶」という言い方もして、アウトドアで使いやすい構造になっているらしい。

このカートリッジは10年以上前に買ったものだが、滅多に使わないのでいままでガスが残っていたわけだ。(普段はコールマンのガソリンシングルバーナを使っている。)

接続口の形状が違う

で、ガスが無くなったので予備で持って行ったイワタニのカートリッジにバーナーを差し替えようと思ったのだが・・・あれ?形状が違う・・・はまらない。
いままでOD缶はすべて共通で使えると思っていたのだが・・・

キャンピンガスの形状がこれ ↓

イワタニのがこれ ↓

違ったんですね、多分、世の中では常識なんでしょうが今まで知らなかったとは・・・トホホです。

では、予備カートリッジを購入・・・と思ったのだが、もう製造終了なんだと!!
当然、スポーツショップのヒマラヤやアルペン、近くのホムセンを探しても置いてない。ネットで探してもほぼ絶滅状態。あってもバカ高い値段・・・

このままバーナーを死蔵するのも悲しすぎるしなぁ・・・

売ってました → キャンピンガス(CAMPINGAZ)のガスカートリッジはまだ売っていた

ガス詰め替えアダプタを発見

ネットで調べてゆくと、カセットガスを充てんする方法があるらしいことがわかる。
更に調べると「ガス詰め替えアダプタ」なるものを売っているではないか。
コレ使えそうだ!!

ダメ元で買ってみる。一か月以上かかって届く。
予備のゴムリングが2つついてきた。

ガスを充てんする

では、ここからが本題。
尚、お約束事ですが、作業は自己責任でおこなってください。
当方は一切責任を持ちませんですよ。

必要なのはこれらと計量器があればモアベターね。
作業は必ずお外でやりましょう。ガスは可燃性(当たり前)。でないとどこかのようにガスに引火して・・・
あと冬場は静電気にも注意ですね。

まずは充てん前(空の状態)の重さを計ると、146グラムだった。

アダプタをセットして充てん開始!!
尚、ネットではOD缶を冷蔵庫で冷やしたり、カセットガスを湯煎して温めたりしてるが、今回、気温10度のお外で、カセットガスボンベを体温で温めながらやったがちゃんと入りました。
(シューという音で流量が減ったと思ったら、一度外して体温で温めて再セットして3回ほどくりかえした。)

約200グラム程充てんして計356グラムになった。

燃焼テスト

着火、燃焼テスト、OK!!

ガスの種類もいろいろあるようで低温下での燃焼具合も違うようですが、ホームセンタで売ってる安価なカセットガスが使えるのはありがたいですね。
容器の寿命は気にしなければいけませんが、これでまだまだキャンピンガスバーナーが活躍してくれそうです。

1+
1+