屋根裏のコウモリ君たちは出て行ってくれるか

そろそろコウモリ君たちが活動開始

冬の寒さもそろそろ終わり、桜の開花ニュースが伝えられるいい季節になってきたが、我が家では喜んでばかりもいられない事情がある。

実は屋根裏にコウモリ君たちが住んでいるのだ。そして彼らもそろそろご活動のシーズンに入る。

今のところ音はしないが、5月ぐらいになるとゴソゴソと物音がし始める。

特にうるさいわけではないのだが、あまり気持ちのいいものではない。

幸せを招くとも、黄金バットの居場所を知ってるともいわれているようだが、彼らも動物なので、糞尿をしたりするので、それによってイヤな虫も発生するのだ。

コウモリさん、転居してほしい

コウモリは「益鳥」(鳥ではなく哺乳類なんですがね)の扱いになっていて、傷つけたり殺したりしてはいけないらしい。

でも、どうにかいなくなってほしい、どこかへお引っ越して頂きたいのだが、お金を渡しても退去してもらえる相手ではない。

やむを得ないが

仕方がないので、少し強引な手を使うことになる。

まず今、実行中なのがニオイによる方法。

使ったのは「害獣ニゲール」。逃げるだけじゃなくて、もう帰ってきてほしくないのだが。


created by Rinker
アフティ
¥1,450 (2024/06/18 23:24:13時点 Amazon調べ-詳細)

中身はこんな具合。天然素材をあれこれ混ぜてゲル状にしたもの。

ニオイをかいでみると、2、3日はうなされそうな何とも言えない「香り」だ。

約3か月は効果が持続するとは書いてある。

どれほどの効果を発揮するのかはまだわからないが、しばらく様子をみることにする。

調べると世の中には、いろいろ撃退のノウハウがあるようだ。

超音波を照射するとよいとか、蚊取り線香を焚くとか、ラジオをかけておくとか。

中にはラジコン戦車を屋根裏で動かすというものまで。

どれも、コレという決め手はがなさそうだ。

近日結果をレポートしたいと思う。

その後の結果 → 屋根裏のコウモリ君たちは出て行ってくれるか(結果編)