HDDのエラーで新しいHDDに引っ越すには

ハードディスク(HDD)にエラーが発生し、データの取出しやOSの復旧に苦労した人も少なくないのではないでしょうか。
ファイルのコピーやバックアップソフトを使った回復が考えられますが、ソフトウエアでの処理がうまくできない場合、手間も時間もかかることでしょう。

そこでエラーが発生したHDDを他のHDDにハードウエアでまるまるクローンすることで短時間で復旧させた事例を紹介しておきましょう。

OSが上がらない

ある日、古いパソコンを使う必要があって電源を入れてみました。
電源を入れるのは久しぶり。するとやけに起動が遅い。

う~ん、久しぶりに使うからこんなもんかぁ~と思ったが何か変。

どうにかWindowsは立ち上がり、その日はどうにか使い終えたものの、別の日はついに立ち上がらなくなってしまいました。

症状として表面的なエラー表示は無く、HDDのアクセスランプがほぼ点きっぱなし。
いつまで経っても何かを待っているようで立ち上がらない状態です。
イベントログに何らかのエラーログが記録されている可能性がありますが、OSがあがらないので見ようがありません。

「ひょっとしてHDDおかしぃんじゃね?」そんな気がしました。

HDDをチェックしてみる

そこでHDDをチェックしてみることにしました。
チェックといえばchkdskがデフォですが、別のフリーソフトを探してみます。

すると「DRTC データ復旧テクニカルデータ」というデータ復旧屋さんのページに「HDDスキャン」というフリーソフトがあるのがわかりました。

DRTC データ復旧テクニカルデータ

早速ダウンロードして、別の正常なパソコンにインストールしてみます。
起動してみると、いかにも技術屋が作った~というソフトでこれを使ってテストすることにします。

まず異常のあるパソコンからHDDを引っこ抜きます。古いパソコンだから120GBしかありません。
それでも、昔はWindows3.1で20MB(メガバイト)のHDD使っていたのだから隔世の感がありますね。

このHDDをスキャンソフトをインストールしたパソコンにUSBで接続し、テストをかけるわけです。

USBで接続するためにSATAをUSBに変換するアダプタが必要になります。

使用したのが「Mr.Clone3.0 デュプリケーター機能搭載 SATA-USB接続 SD-SSU3C」。
SATA-USB変換アダプタとしても使えるし、HDDやSDDをデュプリケート(つまりクローン)する機能もついています。

この製品、ずいぶん前に買ったもので、残念ながら、もう製造を終了していました。
しかし、あきらめることはありません。同じような製品がちゃんと売られています。(たぶん性能もより良くなっているんでしょう。)
HDDクローンとかHDDデュプリケータとかで検索で探してみればヒットします。

HDDをつないみると正常に認識できたので先ほどのHDDスキャンを開始させます。
これには結構、時間がかかります。まぁ、お茶でも飲んで放置しておきましょう。

HDDテストの手順

ではテストの手順を紹介しましょう。

DRTC HDDスキャン起動画面で「次へ」をクリック。

[STEP1]:メイン検査項目選択で全体/部分 ディスク不良セクタ検査にチェックを入れて、「次へ」をクリック。

[STEP2]:検査ドライブ選択 テストするドライブを選択し「次へ」をクリック。
(画像は今回異常を起こしたハードディスクとは別のものです)

[STEP3]:HDD SCAN 検査領域設定 で全体領域検査になっていることを確認し「次へ」をクリック。

画面が変わり、右上の「検査」をクリックすればテストが開始されます。
テストで緑色の小さな四角いドットが増えてゆく。エラーがあれば別の色で表示されます。

異常を検出

案の定、矢吹ジョー、2つのブロックで異常が見つかりました。(赤色のドット部分)

起動が遅いのは、読みたいファイルがエラーを起こしてしまい、読み込みを再試行(リトライ動作)するため、全体的にスローダウンしてしまうわけです。

このメディアエラー起こしているところをバッドスポットとか不良セクタと言いますが、発生の主な原因はデータを記録する磁気面の異常やHDD内部の微細なゴミと言われています。

HDDの異常が見つかった場合、異常がさらに拡大する可能性があるので、なるべく早く新しいHDDへ引っ越した方がよいでしょう。

HDDのデータを復旧するには

ではデータを別HDDへ移行するにはどうしたらよいでしょう。

方法はいくつか考えられます。

  1. ソフトウエアによる移行
  2. ハードウエアによるクローン
  3. データ復旧業者へ依頼

1のソフトウエアによる移行は、ファイル単位でコピーやフリーのバックアップソフトウエア(EaseUS Todo Backupなど)を使用する方法です。
しかし、そもそもOSで読めていないのですから成功する確率は高くはないかもしれません。
但しHDDの状態が突然変化して、いままで読めなかったものが読めるようになる場合もあるため、やってみる価値は十分あります。

バックアップ支援ソフトウエア「EaseUS Todo Backup」 

3の復旧業者を使う方法はかなり確実な方法ですが、バイト単位での復旧金額が設定されている場合は高額になる場合もあります。

ではハードウエアによるクローンはどうでしょう。
これは、先ほどのデュプリケート機能付きSATA-USB接続アダプタなど使ってハードウエア的にクローンしてしまう方法です。

一見、無理そうに思えるのですが、どうして、意外と成功率が高いのです。
実はこれま4回ほどこのデバイスでクローンし、その後正常に動作している実績があるのです。

購入のための初期投資が必要になりますが、数千円で購入できるし、金銭で買えないデータを救うことを思えば安いものです。

但し、このデバイスでのクローニングについて、読めないところは読み飛ばしているのか、NULLデータなどに置き換えているのか、アルゴリズムが不明なので100%完全クローンできているのかは不明です。

しかし、これまでクローン後フリーズやブルースクリーンになったり、動作が不安定になったり、データの欠損が見つかったことがないのです。

この「Mr.Clone3.0 デュプリケーター機能搭載 SATA-USB接続 SD-SSU3C」、メーカのQ&Aにはこんなことが書いてあります。

Q.不良セクタがあるHDDをコピーした場合どのようになりますか。(Q_SD_SSU3C_005)

A.本製品には不良セクタの検出機能がございません。そのため不良セクタがございますと「コピーが終わらず止まってしまいずっと点滅している』 場合がございます。
不良セクタの発生状態によって症状が異なり、またどの程度でどちらの症状が発生するかと言う情報はございません。

基本的にはコピーする場合はHDDのチェックを行って頂き、不良セクタが見つかった場合はコピー元のHDDとして使わないよう、お願いいたします。

まあ、この文面をどう判断するかですが、重要な機器(金融とか重要な情報関連とか)には使わない方が無難かもしれません。
そのあたりは自己責任ということですね。

HDDクローンを行う

では「Mr.Clone3.0 デュプリケーター機能搭載 SATA-USB接続 SD-SSU3C」に再びご登場いただき、クローンをおこないましょう。

ハードウエア(といっても実際にはファームウエアによる動作)ですので以下の制約があります。

1.コピー先HDDはコピー元HDDと同じ容量もしくは大きくなくてはならない。
2.セクタ単位でコピーするためパーティション構造がそのままコピーされる。

※クローン先に大きなHDDを使用した場合、未使用領域が発生しますがあとで領域拡張できます。

まず、アダプタの電源を切った状態でトラブルの発生しているHDDを「クローン元HDD接続コネクタ」に新しいHDDを「クローン先HDDコネクタ」に接続します。

間違って逆にしてクローンすると、一瞬にして元データはパァーになるので、くれぐれもお間違えのないように。

確認できたら、アダプタの電源ボタンを押して電源を入れます。
HDD1、HDD2のランプが点灯して、両方のHDDを認識していることを確認してください。
(写真は2.5インチタイプのHDDをつないでいるときのものです。)

もう一度、元と先が合っているか確認しましょう。人間には思い違い、思い込みというミスをします。

「長押しでクローンSTART」のボタンを長押しすればクローンが始まります。

クローン進行状況のランプでクローンの進み具合がわかります。
120GBであれば30分ぐらいで終わると思いますが、エラーの発生状況によってはかなり時間がかる場合があります。
エラーで停止しないことを祈りましょう。裸踊りでもするとよいかもしれません。

クローン成功

クローン進行状況のランプが100%まですべて点灯したら、クローン終了です。

アダプタの電源をオフして、両方のハードディスクを外します。

クローンしたHDDをもとのパソコンに接続して起動してみて、正常に起動すればとりあえず安心です。
念のためchkdsk(読み取り専用モード。/fをつけない)で異常がないか確認してもよいでしょう。

使用上の注意

クローンなのでブートセクターもコピーされており、そのままで起動するはずです。
しかしパソコンに複数台のHDDがSATA接続されている場合はブートに失敗するケースがあるので、まずブート以外のHDDを外してみてください。
(一回ブートに成功すれば、ブート以外のHDDをつなぎ込んでよい。)

また、HDDにHDDパスワードが掛けられていると、クローン開始の時点でクローンが停止します。
パソコンのBIOSからあらかじめHDDパスワードを解除しておきましょう。

おわりに

Windows起動が異常という今回の症状。
原因はHDDのハードウエアエラー(バッドスポットによる読取り異常)でしたが、ウィルス感染や別要因もあるので切り分け、見極めも必要です。

各種ツールの使用や、OSが上がるならプロセスの実行状態を見てみるのも良いでしょう。
あと、イベントログ(eventvwrで起動)のシステムやアプリケーションログを見て、何かエラーが起きていないかを見るのも有効です。

HDDはこんな具合にリードエラー(メディアエラー)が出ているうちはまだ良い方で、突然死(ある日突然動かなくなる)というのも結構あります。
昨日の夜までは元気だったのに朝になったら冷たくなっていたというやつです。

過去に比べ、HDDの信頼性は日々向上していますが、異常の発生はゼロではありません。
ふだんからバックアップをマメにとっておくことをお勧めします。
(IT関連修理業として何度も泣いている人を見ましたので。)

ちなみに参考として。
「Mr.Clone3.0 デュプリケーター機能搭載 SATA-USB接続 SD-SSU3C」の基板を見ると、中央にPL2773というチップが載っています。
台湾Prolific社のUSB3.0-SATAIIブリッジコントローラでSATAII用のチップです。

0
0